空き家対策特別措置法とは?

全国的に空き家が急増している状況のなか、空き家対策特別措置法(空家法)(H27年5月)が完全施行され、5年が経過しました。
全国の自治体(1,724市区町村)の7割にあたる1,208の市区町村が空き家対策等対策計画を策定しています。
2020年度末までには、全体の8割にあたる1,373市区町村で策定される見込みです。

空家法について、制度を簡単にご紹介しますと、著しい劣化や破損・腐朽等で「そのまま放置することが不適切」と認められる状態の「空き家」について、市区町村は、「特定空き家」に指定し、所有者に対し必要な措置を「助言、指導、勧告、命令」することができるとなっています。なお、措置を命じられた者が応じない場合や対応が不十分であったときは、行政代執行法による措置(建物の解体など)ができる仕組みです。

特定空き家に対する措置の件数は年々増加しており、国交省の発表(R2.11)によると、調査時点までの累計が助言・指導が19,029件、勧告が1,351件、命令が150件、代執行が260件となっています。
また、特定空き家等の除去件数が約12,000件となり、自治体における空き家に対する取り組み効果が高まっていることを示す結果となっています。

今回の発表では、特定空き家に指定されていない空き家についても、所有者等に除去件数が増加しており、その件数が9,000件を超えていることも明らかになっています。

★令和元年度 空き家所有者実態調査結果の公表(R2.12.16)は、こちら

なぜ、空き家が大きな社会問題なのでしょうか。

空き家は、人が住んでなく、管理されず、放置されるケースが、ほとんどであり、次の問題があります。

(1) 建物の老朽化

人が住まなくなると、建物に換気などされずに、一気に建物の老朽化が進行します。瓦の落下・外壁の剥落などの劣化はもちろん、雨漏り・シロアリの被害等によって、建物の倒壊につながる劣化も放置されてしまいます。

(2) 防災上の問題

老朽化が急速に進み、台風・大雨・大雪などの自然災害で倒壊の可能性が高くなり、倒壊による人的被害などが懸念されます。

(3) 防犯上の問題

放置されると、不法占有者等に利用されるなど、放火の対象となる可能性もあります。

(4) 環境の悪化(衛生上・景観上・道路通行状)の問題

空き家になると、庭の雑草や害虫の発生など、近隣の環境悪化となり、近隣住民の不安・悪影響を生じさせます。

以上、空き家問題とは、「空き家の所有者の問題」だけでなく、「空き家の近隣に住んでいる住民の問題」でもあり、各地で空き家の問題が顕在化し、住まい環境が悪化・荒廃しているためです。

では、なぜ、放置される空き家が増加しているのでしょうか。

(1) 空き家の有効・利活用

国土交通省は、H31年から「全国版空き家・空き地バンク」を高機能化し、運用開始しており、また、各自治体による「空き家情報」も簡単にネットから検索できます。
今、コロナ禍の状況の中、地方移住して、空き家・古民家のリフォーム・イノベーションによる新しいビジネスや、今までにない起業、また、農地付き空き家で「農ある暮らし」などを検討されている方も増えており、これらのニーズに応えられる「空き家情報」のマッチングによって、「空き家の有効・利活用」が期待されています。

「空き家」になる可能性がある場合には、空き家の所有者は、これらの「空き家バンク」に登録して、ニーズに即した「空き家の有効・利活用」として、空き家にしない対策(賃貸・売買)が求められています。

(2) 空き家になる前に「売却」などの対策が必要

「自分が育った家だから残したい」や「先祖代々の家だから売れない」などの理由で、決断できずに、そのまま安易に相続してしまったケースが大半です。
しかし、交通費と時間と費用をかけてまでの管理もできずに、結果として、放置され、空き家となって、急激に老朽化が進行したあとでは、「売れない」「貸せない」状態となってしまいます。

親と同居していない場合、すでに住居が別にある場合には、実家が「空き家」になる前に、売却・賃貸・第三者委託・寄付なども、選択肢として、所有者に検討と決断が求められています。

ひとこと

今、実家を相続した方の中で、実家の管理に困っている方は、少なくありません。
ご自分で定期的に実家に帰って、住宅・庭・水回りなどの清掃やメンテナンスするしかない。
ただ、そのためだけに、「交通費と時間と費用」をかけ、仕事も犠牲にし、果たして必要なのかと、相続財産の管理で悩んでおられる相続人が少なくない状況です。

親が遺してくれた実家が、結果として、大きく負担となる時代は、すでに始まっており、事前に、対策を講じる必要があります。

弊社は、相続財産の売却・賃貸に加えて、第三者による管理委託のサービスも提供しておりますので、安心して、ご相談ください。

相談フォームは、こちら